画像診断で

  • 2017.07.23 Sunday
  • 21:04

 

乳がんのリンパ節転移が、CTとMRIを組み合わせた画像診断で

診断できる方法が開発されたとのニュース。

 

約100年に渡り、

脇の下のリンパ節郭清(リンパ節の取り残しがないよう脂肪も含めて

ひとかたまりに切除すること)は

乳がんの標準治療として行われてきた。

 

その後、

明らかにリンパ節に転移が認められない患者に対して

センチネルリンパ節生検(がん細胞が乳房内から最初にたどりつく

センチネルリンパ節を発見し、そのリンパ節だけを摘出し、

転移があるかどうかを病理検査すること)が主流となった。

その生検が保険適用になったのが、2010年4月。

 

そして、とうとう。

切ることなく、画像診断で判断できるようになるとは!

 

私は、センチネルリンパ節生検だったけど、

それでも、脇の下から上腕部にかけての感覚のなさや、

腫れぼったさは未だに残っているし、

1日中、パソコンに向かって仕事をしていると

左腕が固まる現象も、術後6年近くたった今でも治ってはいない。

そして、未来永劫、術側の左腕では採血はできない。

少ないとはいえ、今でもリンパ浮腫の可能性もなくはない。

 

まだ臨床試験に取り組んでいる最中だそうだが、

精度は高そうだし、これが保険適用になり標準治療になると

乳がん患者にとって負担はかなり下がる。

 

嬉しいニュースだ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PR

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM