ローズウッド香港に泊まってきました

  • 2019.05.11 Saturday
  • 21:53

 

今回の香港旅は、

ついこないだ!2019年3月にオープンしたばかりの

ローズウッド香港に泊まってきました。

 

今、香港で一番気になっているホテルなのでウキウキ。

 

インターコンチネンタル香港の東隣の尖沙咀に、

ひときわ目立つ65階建ての複合施設ビルにあります。

(ショッピングモールはまだ建設中)

 

各エレベーター前のスペース。

いい意味で無駄に広く(笑)、大人な雰囲気。

館内には、アートなものがいっぱい飾られています。

 

お部屋は、なんとアップグレードしていただき、

31階のカオルーンピークビュースイート!

 

広さは118屐リビングルームも広々。

このソファーだけで、二人くらいは寝れそうです(笑)

 

シックなインテリアで、お上品な誰かのおうちに招かれたような居心地の良さ。

 

ソファの後ろは、プライベートバーもあり、

弾丸じゃなかったら、本でも読みながら皮の椅子に座って

ゆっくりできたのにね。

(ミニバーは無料ですが、アルコールは有料)

 

カオルーンピークビューということで、

カテゴリー的には、ハーバービューではないのだけど、

いやいや、香港島の東側のビクトリアハーバーはばっちり見えます。

 

ベッドルーム。

エキストラベッドも、もはや普通のベッドです。

 

枕元においてくれているお水もオシャレなら、

コッパ―のコップもオシャレ。

 

こんなお茶セットもあります。

 

バスルームも、贅沢なくらい広々。

セレブのお宅訪問に出てくるような、

どんだけ服や靴が収納できるのさ!てな広さのウォークインクローゼットに、

お化粧スペースの他、

こんな豪華な洗面台が2つ。

おそらく水回りだけで、うちより広いと思われます…。

 

そして、大きなバスタブに

シャワーブースが2つも!

普通3人で泊まると、誰かがお風呂に入っている間は待たなくてはいけなく、

下手するとトイレも我慢しなくてはいけないのだけど、

3人でいっぺんにバスルームが使えちゃう。

(ちなみに普通のお部屋もシャワーブースは2つだそう)

シャワーブースは中でつながっているのが、えっ?!やったけど、

まあ普通こんな部屋はカップルで泊まるものだからいいんでしょうね(笑)

ちなみにトイレも2つあるので、こちらも何かと便利(笑)

 

そしてバスタブの蛇口がついてる鏡のようなところに

テレビが内蔵されていて、テレビを見ながらお風呂が楽しめます。

 

マナークラブというクラブラウンジも利用させてもらいました。

24時間オープン。

今回の香港旅は、1日目の夕食、2日目の昼食と足マッサージ以外は

ほとんどここに入り浸って、食べて飲んでおしゃべりしてました…。

 

午前中は朝食をいただき、

14:00からは、アフタヌーンティタイム。

シャンパンとともに。

 

⒘:00からは、イブニングカクテルタイム。

麺も作ってくれ、結局、2日目の夕食はここですませてしまいました。

 

40階にあるこのクラブラウンジ、ベランダがあり外にも出れます。

20:00からのシンフォニー・オブ・ライツも特等席です。

(音楽も聞こえたら、もっと臨場感あるのにな〜)

 

 

「邸宅」をイメージしているというだけあって、

ホテルスタッフは皆フレンドリー。

制服も堅苦しくなく(クラブラウンジの女性の制服は可愛らしい革の!ジャケット。

しかも、「邸宅」なので、名札がないんです…!)

ラグジュアリーホテルなのに、変な緊張感?も必要なく

弾丸にもかかわらず、

ゆったり優雅に過ごすことが出来ました〜。

 

GWはエアインディアで香港 

  • 2019.05.05 Sunday
  • 22:05

 

そろそろ香港へ行きたいな〜と禁断症状が出かかっていた矢先に、

ひょんなことから、

GW期間中なのにお得な航空券をゲットすることが出来、

ちょっくら香港へ行ってきました。

 

今回の旅のお供はエア・インディア。

(関空発のエア・インディアは香港経由デリー行きなのです)

 

昨年の11月、インドに行った時にお世話になったのもエア・インディア。

たった半年ばかりの間に、たて続けにエア・インディアに乗ることになるとは(笑)

 

2泊3日の日程だったのですが、

関空発は14:20、

帰国日の香港発は08:05というフライトスケジュールで、

完全な自由時間は、中日の1日のみ。

ある意味弾丸ですね…。

 

1日目は、香港上空でちょっと旋回をさせられて

30分ディレイの17:20に香港空港到着。

 

いつもはAEL(エアポートエクスプレス)で市内まで出るのですが、

今回泊まるホテルは出来たばかりのため、

九龍駅からの無料シャトルバスがなく、

結局、空港からタクシーで尖沙咀まで向かいました。

 

空港〜尖沙咀間は、渋滞にひっかからなければ約30分。

(実際、運ちゃんはかなりの飛ばし屋でしたが笑)

約300香港ドル(約4,500円)。

今回は3人で利用したので、1人あたりに換算するとAEL利用の場合とほぼ同額。

いや、むしろ安いかもしれません。

 

帰りも朝06:00にはホテルを出なくてはいけなかったのですが、

道路も空いていて、

意外とタクシーという交通機関が早くてリーズナブルなことを発見しました。

 

 

ところで、最近は、いろんなものが自動化(機械化)されているけど、

関空でも、とうとう出入国審査が顔認証システムになって無人化されていました。

 

パスポートの顔写真が写っているページをスキャンして、

鏡のようなところに顔を映し、同じと認証されると

ゲートが開く仕組み。

(出入国スタンプが欲しい人は、有人のカウンターで押してくれます)

 

そして香港でも、

入国審査は通常どおり有人でしたが、

帰国時、まず保安検査場に入るのに

パスポートとボーディングパスのスキャンによる自動化ゲート、

出国審査も、日本と同じように顔認証による自動化ゲートになっていました。

(日本人はこっちと言われたので、おそらくすべての国籍が対象ではない感じです)

 

スムーズに出入国が出来るのは嬉しいけど、

昭和なアナログ人間としては、

やっぱり、記念となるスタンプを押してほしいんだけどねー。

 

続く。

 

 

 

またまた香港ぶらり旅4 〜お泊まりホテルはポッティンジャー〜

  • 2018.06.04 Monday
  • 23:37

 

今回の香港ぶらり旅で泊まったホテルは

ザ・ポッティンジャー香港。

 

そのエレガントな佇まいに魅了され、

いつかは泊まってみたいと憧れていたホテルです。

 

セントラル駅からもほど近く、

石畳の階段からなる香港島のポッティンジャーストリート沿いに建つ

とにかく便利なロケーション。

 

そんな便利な街中に建つホテルなのに

たった68室しかない、ある意味、隠れ家的なホテルなのです。

 

思わず通りすぎてしまいそうな、

小さな入口のドアを開けて一足ホテルの中に足を踏み入れると

外の喧騒はどこへやら、

全くの別世界が広がっています。

 

ロビーもこじんまり。

初めてだけど、思わず「ただいま」と言ってしまいそうになる居心地のよさ。

ホテルスタッフのサービスも完璧でした。

 

インテリアのセンスもとにかく素敵で。

おっしゃれーな椅子と、素敵なお花に飾られたロビーは、

写真を撮らずにはいられない(笑)

 

お部屋も、これまた素敵で。

 

泊まったお部屋は18階のデラックスルーム。

もともと白を基調にした明るいお部屋ですが、

角部屋なので太陽の光もさんさん。

 

お風呂も、日本のお風呂のように、

洗い場のあるスタイルで使いやすい。

 

テザリング機能付きのハンディフォンやネスプレッソも完備。

 

このどんぴしゃのロケーションで、がやがやしていないホテル、

なかなか貴重な存在のような気がします。

 

 

またまた香港ぶらり旅3 〜イタリア人のプライベートキッチン〜

  • 2018.06.02 Saturday
  • 15:42

 

最終日の夕食は、

NOHOにあるイタリア人がやっている

プライベートキッチン「SEGRETO」へ。

 

看板も出ていなく、若干迷子になりながら

なんとかレストランに辿り着きました。

 

実は、この日、一般の観光客っぽく(笑)、

オープントップバス観光へ行っていたので

レストランの予約は21:00。

 

しかも本来なら4名からしか予約を受けつけてくれないところを

3名から無理くりお願いしたので

(お願いしたのは私ではなく、香港人の友人ですが…)

陽気なイタリアン、21:00からなんてびっくりだよ〜と

ちょっぴり苦笑い。

 

ごめんちゃいね。

 

細い階段をあがり2階がレストラン。

カウンターだけの、10名入れるかどうかの小さなプライベートキッチンです。

 

そして、ナポリ出身のイタリア人シェフが

彼曰く「本当のイタリア料理」を目の前で作ってくれます。

 

前菜。

 

本当のカルボナーラは、生クリームなんかいれないのさ!と

卵とチーズとペッパーだけのソースでカルボナーラを作ってくれます。

パスタも、本場ナポリのFAELLAといブランドのもの。

パスタを乾燥させるのに、今では機械的に1日ほどで乾燥させるところを

ここのパスタは、昔ながらの方法でぶら下げて

(多分素麺を乾燥させるようなものだと勝手に想像)

一週間もかけて乾燥させているそう。

 

かなりしっかりとした食べ応えのあるパスタ。

かりかりに焼いたベーコンととってもマッチしています。

 

そうこうしているうちに、

メインのラムが焼きあがってきました。

骨付きラムを、豪快に切り分けるイタリアン人シェフ。

 

デザートは、ソルベにティラミス。

 

英語がつたない私は、お決まりのニコニコしているだけだったけど

なかなか楽しい体験でした♪

 

ごちそうさまでした〜。

 

またまた香港ぶらり旅2 〜カフェでまったり〜

  • 2018.05.26 Saturday
  • 22:42

 

この時期の香港は蒸し暑いし

今回ぶらぶらしたSOHO、NOHO、 POHO、西營盤(さいいんぷん)エリアは、

とにかく急勾配なエリアで(-_-;)。

 

野外エスカレーターがあるところはいいけど、

ないところはひたすら坂道を登るか、

階段を登るしかないので、

(iPhoneのヘルスケアアプリで、1日の歩数は17,000歩、

上った階数はなんと22階‼という日がありました…)

すぐにカラダが休憩を欲するのです。

 

このエリアに住んでいる人は、買い物とかどうしてるんだろう?

海外旅行の時なんか、スーツケースなんてどうやって運んでるんだろう?

まじ、疑問です(笑)。

 

今回立ち寄ったカフェをご紹介。

 

太平山街にある「茶。家」。

紅茶や烏龍茶やハーブティなどのお茶が美味しい、

こじんまりとしたカフェです。

看板もプリティ。

 

水色の壁が素敵な店内。

パウンドケーキはしっとり、甘さ控えめで美味しかったです♪

 

西營盤の坂の途中にある「ザ・ハイドアウト・コーヒー・ハウス」。

こちらもとっても小さなカフェ。

 

窓の外に広がる景色がいかにも香港っぽいですね〜。

 

もちろん、香港らしいスイーツも忘れません。

満記甜品の楊枝甘露(よんじーがむろー)。

香港スイーツの中では、

マンゴープリンよりも私の中で一番なのがコレ。

マンゴージュースに、マンゴー、タピオカ、ポメロが入っていて、

あっさり食べられます。

やっぱり、ああ、美味しかったー。

 

 

 

またまた香港ぶらり旅1 〜街角スナップ〜

  • 2018.05.25 Friday
  • 23:38

 

9か月ぶりの香港。

 

FBのおかげで、

最近またちょくちょく会うようになった

大学時代の友人と行ってまいりました♪

 

香港はぶらりと歩くのが本当に楽しい街なんだけど、

今回もとってもお天気がよく、

ものすご〜〜く!!!歩いてきました。

 

ハリウッドロードとシェリーストリートの交差点のところに書かれた

ストリートアート。

なんと、香取慎吾くん作です。

慎吾くんは現地では「大口仔(大きなお口の男の子)」という

ニックネームで呼ばれているらしく、

こちらの作品名は

「大きなお口の龍の子(大口龍仔)」だそう。

とっても素敵な壁画でしたよ。

 

落書きっぽいけど、なんかいい雰囲気。

 

香港島側は、とにかく傾斜が激しく、

もはや坂ではなく、階段なのです…(笑)

 

ハリウッドロード沿いにあるさとうきびジュースが美味しい「公利」の

レトロなお店の看板。

 

北角(ノースポイント)のビル・ビル・ビル。

 

写真撮影が禁止されてしまったモンスタービル。

(こっそり撮ってしまった…。ごめんなさい)

 

香港らしい横に飛び出した看板も、

最近はめっきり少なくなってしまいました。

 

文武廟。

ぐるぐる線香が無数にぶら下がっています。

線香の煙と香りと太陽光からなる幻想的な瞬間。

 

 

 

香港での2件目のお泊まりホテルは

  • 2017.09.17 Sunday
  • 22:33

 

2泊目と3泊目は、香港島へ移動して、

アイランドパシフィックに宿泊。

 

MTRの西營盤(さいいんぷん)駅から歩いてすぐの好ロケーションホテルです。

 

以前は、この辺りはMTRも通ってなかったし、

香港島の西の端といったイメージで

一般的な観光客目線から言うとむしろロケーションはよろしくない、

という場所だったけど、

いまや、私的には、一番好きなエリアの一つに。

 

なぜならば、乾物屋や、果物屋、乾麺屋、食堂など、

昔ながらのお店が残っていて、香港の人たちの普通の生活が垣間見える一方、

おしゃれなカフェや、バーレストランが次々と出来ていて、

(しかも比較的リーズナブルでビックリするほど美味しいところ多数!!)

そのごちゃ混ぜ具合がなんか絶妙でね。

ぶらぶらと歩くのがとっても楽しいエリアなのです。

 

今回は、少し広いファミリールームに宿泊させていただきました。

 

お部屋は、ハーバービューというか、100%ハーバーフロント。

一面窓なので、ビクトリア湾の絶景が望めます。

少し東に行くと、マカオ行きのフェリー乗り場があるので

ひっきりなしに行きかうジェットフォイルが。

 

九龍半島もこんな感じで、きれいに見えます。

 

これから常宿になりそうな予感(笑)

 

JUGEMテーマ:☆香港旅行

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:☆香港旅行

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM