話題のぷらりん

  • 2018.03.25 Sunday
  • 17:59

 

 

元イタリアンのシェフが作る創作天ぷらのお店、

「ぷらりん」で大人女子会。

 

その情報元はいったいどこなのだろう?と不思議なくらい、

いつも美味しくて素敵なお店を予約してくれる

お姉さまのチョイスに

またまた、おんぶにだっこです(笑)。

 

ちょうど、某深夜番組でも紹介されたとあって、

今、話題のお店なのでした。

 

天ぷらは、びっくりするほど衣があっさりで

白ワインがあいます。

 

塩や天つゆだけでなく、

一品一品、その素材ごとのソースでいただく創作天ぷらは

本当に絶品。

 

以前行った芦屋のkamiyaもそうだけど、

洋出身のシェフが手掛ける和食の、

意外な組み合わせには驚かされるばかり。

 

前菜や、箸休めもうなる旨さ。

 

 

 

さざえの天ぷらや、

カニの天ぷら。

〆の天茶。

 

で、この「ぷらりん」のすごいところ、

お味ばかりでなく、店員さんの接客が皆本当に素晴らしく。

料理の説明も的確だし、本当に気持ちよくいただくことができましたよ。

 

もうちょっと近くにあれば、ぷらりんと寄れるのにな。

 

 

紫のカリフラワーとチーズフォンデュ

  • 2017.12.19 Tuesday
  • 22:43

 

先週は、我が家でチーズフォンデュパーティーを。

 

今どきは、細かく刻まれたチーズフォンデュ用チーズが

売っていて、白ワインを混ぜるだけの超簡単さ。

 

パンは、知り合いの手作り。

 

珍しい紫色のカリフワラーや、

黄色が鮮やかなインカのめざめなど、

インスタ映えを狙ったかのような華やかさになりましたよ。

 

 

 

 

ケーキとビール〜大人のならまち散策〜

  • 2017.11.06 Monday
  • 23:06

 

正倉院展に行く前に、ならまちをぶらぶら。

 

目指すは、まずは

よつばカフェ。

 

前から気になっていた古民家カフェ。

バス停が家の目の前にある、まるで誰かの個人宅のような。

(ほんまもんのバス停ではありません)

 

ガラガラーと、まるで誰かの個人宅のようなすりガラスの引き戸を開け、

靴を脱いでおじゃましまーすと入り、

中は、まるで誰かの個人宅のような畳のお部屋。

なぜか16時5分に、4回ボーン、ボーン、ボーン、ボーンと鳴る

懐かしい柱時計も。

 

いただいたチーズケーキとコーヒー。

レトロなお皿が、お店の雰囲気とぴったり。

 

そして、その隣に、なんか素敵なクラフトビール屋さんがあり、

ケーキを食べたすぐ後にも関わらず、

吸い寄せられるように入ってしまいました。

 

なんでも今年の3月にオープンしたそう。

 

その日はココオリジナルのビール3種類を含む

5種類のクラフトビールがありました。

 

オリジナルのペールエールのならまちエールは、

しっかりと苦みのあるワタクシ好みのお味。

 

フードメニューも結構あって、なかなか美味しかったです。

 

ならまちで夜も楽しめる素敵なところを見つけました(^^)。

 

 

!!なスタバの月餅

  • 2017.09.29 Friday
  • 23:53

 

香港の方にとって、月餅は、人さまにあげるものだそう。

 

そんな香港のスタバが出している月餅をいただきました。

 

月餅って質感が結構重いから、

実はあんまり好きではないのだけれど、

スタバの月餅はかなり小ぶりなので、まあ許せる範囲(笑)

 

アールグレイ味、バニラカスタード味、コーヒー味の3種類が入っています。

 

しかし、驚いたのはそのお味ではなくて、そのパッケージ。

 

蓋をあけるとこんな感じ。

 

月餅を食べた後の、その空箱にセットできる豆球も入っていて、

豆球のスイッチをいれると、

なんということでしょう!!

(大改造劇的ビフォーアフター風に)

 

部屋の電気を消したら、

さらに

なんということでしょう!!!

 

影絵で遊んでみました♪ 

 

幻想的で心がほっこり。

 

こういう遊び心のある、いただき物はとっても嬉しいものですね。

 

 

京都ぶらり旅 〜ランチも町屋レストラン〜

  • 2017.08.07 Monday
  • 22:04

 

京都ぶらり旅のランチは、

祇園にあるスコルピオーネ祇園で。

 

築160年のお茶屋を改装した素敵なイタリアンレストランです。

だからか、素敵なインテリアなんだけど、歩くとミシミシ言う(笑)

 

頼んだのは、ウェルカムシャンパン付きのコース。

 

白桃のズッパ。

桃の甘味と生ハムの塩加減が絶妙ー。

なんせその日はほぼ体温並みの気温だったため、

レストランに着いたときは汗だく。

そんな汗だくの体に嬉しい冷製スープです。

さすが、京都のレストラン、よく分かっているわ〜と、うなった一品でした。

 

伊勢エビのカルパッチョ。コンソメジュレとブラッドオレンジ添え。

 

カラスミのスパゲッティ。

カラスミたっぷり♪

 

メインはお肉をチョイス。

京都らしい、黒毛和牛の京湯葉包み香り揚げ。

 

デザートは、パッションフルーツのジェラートと、カタラーナ。

パッションフルーツ味が濃厚でした。

 

なんでも、このレストラン、以前泊まった五島列島のマルゲリータと

同系列だそうな。

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

寿司じゃないメニューを食べ過ぎてしまうお寿司屋さん@塚口

  • 2017.07.16 Sunday
  • 21:56

 

またまた美味しいお店を教えてもらいました。

 

阪急塚口から歩いてすぐのところにある

「ふじ鮨」。

 

ご夫婦二人と、かわいいバイトちゃんでやっている小さなお店です。

 

魅惑的な一品メニューがとにかく豊富で、

そそられたメニューを次々とオーダー。

 

枝豆チーズ。

あてにピッタリ♪

 

夏らしい一品。鱧。

 

うざく。穏やかな酸味が、こちらも夏にピッタリ。

 

うにとじゅんさい。

嫌いな山芋は、他人に食べてもらう(笑)。

 

この他、寿司屋のメニューとは思えない海鮮グラタンも、

アワビやホタテなどが惜しげもなくごろごろと入っていて、

ホワイトソースも

濃厚でありながら後味さっぱりで、ああ旨い〜!

 

本題のお寿司を食べる前にお腹いっぱいになってしまったけど、

寿司は別腹!!です。

 

白身の炙り加減も絶妙〜〜♪

 

阪急塚口の駅から歩いてすぐ、コスパ抜群のお寿司屋さん。

また、伺わせていただきますー。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

驚きのバジルしゃぶしゃぶ

  • 2017.06.18 Sunday
  • 22:43

 

「バジルしゃぶしゃぶ、しようよ」と知り合いから言われ、

どんなものなのか全く想像できなかった。

 

そもそも、バジルを野菜として食べるという考えは持ち合わせていなかったので、

野菜はバジルのみと言われた時は、

ますます頭の中が???に。

 

1キロ3,000円、静岡県のバジル栽培農園「リンリンファーム」というところから

購入できるそうなのだけど、

驚きの量のバジルが我が家にやってきた。

 

新鮮な生バジルは、驚くほど、

葉っぱが立派で、そして緑も鮮やかでつっやつや。

 

カツオで出汁をとり、おろししょうがをたっぷり加えたスープで

バジルとお肉(今回は、しゃぶしゃぶ用の牛肉と豚肉を使用)

をしゃぶしゃぶ。

タレは、トマト缶に細かくカットしたフルーツトマトを加え、

ポン酢で伸ばしたもの。これに絡めながらいただきます。

 

バジルとお肉とトマトとポン酢。

何なの〜、このハーモニー〜〜♪ って感じでした(笑)

 

もう家中がバジルの香りで充満。

向こう10年分くらいのバジルを食べたんじゃないですかね、きっと。

 

バジルは、βカロテンやカルシウム、鉄分が多く含まれていて

野菜の中でもトップクラスの健康野菜だそうですよ。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM