こんなところに日本人

  • 2014.10.06 Monday
  • 23:34

先日行っていたモルディブ。

実は、ここに、以前一緒に働いていた後輩が住んでいて、
久しぶりにちょこっと会ってきた。

なんと彼女は、
彼女曰くお互い一目ぼれ(!)で、
モルディブ人と結婚をして、
しかも、イスラム教徒になってしまっていた〜〜!!

モルディブはイスラムの国。
リゾートホテルにいる間は、治外法権とも言うべきか、
酒も飲めれば豚肉も食べられ、
モルディブがイスラムの国なんて微塵も感じられない。

でも、ひとたび、マーレに足を踏み入れたら、
外国人といえども、酒も飲めなければ、豚肉も食べられないそう。
(その時点で、モルディブ人と結婚して、モルディブに住むなんて
 ワタクシには絶対無理だわぁぁぁ)

約1,200もの島からなるモルディブ。
首都マーレもマーレ島という、一つの島。

人口密度が世界一とも言われているらしいが、
上から見るとこんな感じ。
ていうか、島、沈んでませんか?!と思わず突っ込みをいれたくなるほどに
これでもか〜と乱立するビル・ビル・ビル…。



で、空港は、このマーレの島のすぐ隣にあるフルレ島という島にあって、
空港からマーレまでは、ドーニと呼ばれる船で約5分(ちなみに片道1ドル)の距離。

私がモルディブに到着したちょっと前に
中国の習近平国家主席がモルディブに来ていたそう。

空港の島とマーレ島を結ぶ道路が計画されていて
(しかも、海底トンネルとの噂)
そこに中国が絡むとか絡まないとか。

なんかちょっと嫌な予感。

間違っても、モルディブの美しい自然を壊すような無謀なことは
してほしくないものです。



ペコちゃん日本ブログ村ペコちゃん
 

フォーシーズンズ・ランダーギラーヴァル

  • 2014.09.28 Sunday
  • 10:41
水上飛行機で、こんな景色を見ながら約30分。
バア環礁のランダーギラーヴァル・エアポートに到着。

 
エアポートといっても、海にプカプカ浮かぶ5メートル四方ほどの筏みたいな。
ここにホテルのボートが迎えに来てくれます。


2件目のフォーシーズンズ・ランダーギラーヴァル。
白と、落ち着いたブルーで統一されたかわいいインテリア。
誰かの家にいるかのようにくつろげます。
この部屋もこのホテルで一番安い部屋だけど、
リビング、おそらく私の家の総面積よりも広い洗面所、プール付きの
素敵なヴィラでした。






ついでにお庭には憧れの(?)ハンモックも。
ご期待にお応えして、水着姿のろびんも大公開〜(^^)


「ブルー」というイタリアンレストラン。
真っ青な海の中に、真っ白な砂浜が細長く伸びる、
その色のコントラストが息を飲むほどに美しい一角。
そんな島の端っこに位置するこれまた素敵なレストラン。
パスタも美味しかったです。


実は、ランダーギラーヴァルに来てからはお天気があまり良くなく、
晴れ間が見えては、急に半端ないゲリラ豪雨に見舞われるという
目まぐるしい天気。

でも、なんとか夕焼けを眺めながら、最後の晩餐ができました。

 
食後は、海に浮かぶバーで、またまたお酒を飲んで
そろそろ帰ろうかと思ったら、
バーのお兄ちゃんが、
「サメの餌付けが始まるよ」と教えてくれました。

バーの下の海がライトアップされているのだけど、
バーのスタッフが海の下に餌を放り込むと、
サメやエイがうようよと!!

しかし、そんな楽しい時間もつかの間、
バーのスタッフが急にそわそわし始めたとたん、
ポツッ、ポツッ。

瞬く間に、それこそバケツをひっくり返したようなゲリラ豪雨となり、
前も見えないくらいの雨の中、全速力でヴィラへ。

全身びしょぬれでヴィラに入ろうとしたら、何かが変。
よく見てみると、隣の隣の全く他人のヴィラに侵入していて…。

私たちのヴィラは、106。
間違えて侵入したヴィラは108。

暗闇と豪雨の中、見間違えたんだな〜(笑)

今思えば、風邪はこの雨から始まっていたのかも…



こんなかわいいやどかりもたくさんいました(^^♪

フォーシーズンズ・クダフラ

  • 2014.09.27 Saturday
  • 11:05

今回の夏休みは、モルディブ&香港。
(香港経由で行ったので、最後1泊香港に寄り道♪)

実は、一緒に行く友人がフォーシーズンズの無料宿泊券を当ててね。
モルディブに2つあるフォーシーズンズ・クダフラに2泊、
フォーシーズンズ・ランダーギラーヴァルに2泊という
夢のようなおこぼれ夏休みが実現したのでした。

東京に住む友人とは、香港で待ち合わせていたのだが、
いきなり、関空発香港行きのフライトが3時間半もディレイ!
あやうく友人にモルディブ一人旅をさせるところが、
(次の香港→マーレのフライトは3日後やったんで…)
なんとか無事2人でモルディブの地を踏むことができました(笑)

最初はクダフラ。
マーレに到着後、スピードボートで約20分のところにあります。

ホテル到着は、現地時間23時ごろになるのだけど、
さすがフォーシーズンズらしい心憎いサービスがコチラ。

お部屋には、なんと、ナイトサパー、つまりお夜食が〜。
しかも、お寿司(塩漬けマグロとアボカドだった)、枝豆、
豆腐・なめこ・わかめのみそ汁(みそ汁はポットで)、ヨモギ大福という
こてこての日本食。
なんでも、夜到着のお客様には、そのお客様の国のメニューでお夜食を
ご用意しています、とのこと。

アメリカ人にはハンバーガー、
中国人には飲茶、
韓国人にはキムチとかなんやろか。

よくよく考えると日本時間ではすでに深夜の2時すぎ…。
半分うつらうつらしながらも、美味しくいただきました。


そして翌日〜!





雨期やったけど、いい天気!
目の前のビーチには、お魚もいっぱいで、サンゴの中をシュノーケルしたり、
ヨガクラスに参加したり、
「アイランドスパ」でオイルマッサージを受けたり、
(60分約2万円という超モルディブ価格に、
 悩みに悩んで、結局清水の舞台から飛び降りてしまった…)
のんび〜りするつもりが、意外と忙しい1日となってしまいました。

夜ごはんは、ホテルのスタッフがおすすめしてくれたインド料理。
海の上に作られた屋外テーブルで雰囲気はとってもおしゃれ。
こちらも、目ん玉飛び出るくらい高かったので
量は控えめに、アルコールは一番安いタイガービールで(笑)

泊まったプール付きビーチバンガロー。
これでも、実は、このホテルの一番安いお部屋というから驚きですな。
部屋の裏には、ダブルシンク、バスタブ、シャワー、アウトドアシャワーが
ある広々とした洗面所。
部屋の前には、プールと海。






そして3日目。
遅れに遅れ、次のホテルへ行く水上飛行機がやっと来てくれました〜。


続く。

 



ペコちゃん日本ブログ村ペコちゃん
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンダホー!マンタ!

  • 2014.09.23 Tuesday
  • 20:51

マンタ2

マンタ1

 

モルディブ旅行記第一弾。

2つ目の宿泊ホテル、フォーシーズンズ・ランダーギラーヴァルの沖合
約25分くらいのところにあるハニファル・ベイには、
雨期になると豊富なプランクトンを求めてマンタがやってくるそう。

「マンタ オン コール」。

マンタが出現したら連絡をくれて、
20分後にはボートに乗って、マンタに会いに行くという
雨期だけのスペシャルプログラムに参加してきました。

1つ目のホテルからの水上飛行機が遅れて、
ランダーギラーヴァルに到着した途端、
「今、マンタが出現しています!!今から出発しますが行きますか!!!」

えっ?!今ですか?!

スーツケースはまだ、海の上なんですけど〜〜。

でも、ホテルの人が大急ぎでスーツケースを運んでくれ、
レセプション近くのトイレでバタバタと水着に着替え、なんとか間に合いました。

なにをもってベイという名前なのか?
到着したのは大海原のど真ん中。

停泊したボートから、シュノーケルでマンタを探します。

しばらく泳いでいると、

いたぁぁぁ〜!!!

で、でかい!!!

あまりの興奮に、つい言葉を口に出してしまい、
結果、海水を飲み、むせ込む私…。

体長(幅?)は、ゆうに3〜4mはあるだろうビッグなマンタが
多い時で20枚くらい。

マンタの前を横切らないようにと言われていたものの、
あの〜、向こうから突進してくるんですけど…。

泳げない私は、急に方向転換も出来ないし、
なんかこいつ、ぎこちない泳ぎ方だなと
マンタにまるでなめられているかのごとく(笑)。

プランクトンを吸い込んでいるのか、
絶えず左右にでかい口をあんぐりとあけて
迫りくる姿は恐ろしくもあり。

でも、何をしているのか分からないけど、
ぐるぐる回転しているマンタなんかもいて、

結構、フレンドリーな奴らなのでした。

想像以上の大迫力。

95ドル+tax と決してお安くはなかったけど
今回の旅の目的のひとつでもあったので、

タイミングよく見られて、ほんま、良かった〜〜!!

続く…。



バア礁、実はユネスコの”生物圏保護区世界ネットワーク”に登録されている自然保護バア環礁、実はユネスコの”生物圏保護区世界ネットワーク”に登録されている自然保護

 




ペコちゃん日本ブログ村ペコちゃん

モルディブ〜

  • 2014.09.16 Tuesday
  • 13:45

 

ただいま、夏休みでモルディブに来ております。

14日に、香港経由でモルディブへ出発。

ところが、香港行きのフライトが3時間半も遅れ、
ドキドキの出発でしたが、
ぎりぎり乗継げ、無事マーレに到着。

今回は、モルディブに2つあるフォーシーズンズ・リゾートに
2泊ずつの日程で、
今日は2つ目のホテルに移動の日。

しかし水上飛行機が遅れていて、
バーで待ちぼうけ中。

昨日は、シュノーケリングでたくさんのお魚たちを見て、
明日は、運が良ければマンタに会える予定(^^)

では、行ってきま〜す!

 

くたくたの理由

  • 2013.12.04 Wednesday
  • 22:27

先日のモルディブ出張。

●1日目

関空発10:00のキャセイパシフィック航空で香港(約4時間)へ。

乗継ぎ、モルディブへ(約6時間30分)。

21:30頃(日本時間01:30) マーレ着。

00:20頃 国内線に乗換え(約1時間20分)。
    23:30発のフライトが1時間ほど遅れる。

02:00頃 カーデドゥー空港到着。

水上ボートに乗換え、船に揺られること約30分。

03:00頃(日本時間07:00) 
    1泊目のホテル「ロビンソンクラブ」に到着。

●2日目

10:00頃 朝食後、シュノーケルツアー(これもれっきとした視察です)
    とホテルインスペクションへ。

14:00頃 スピードボートに乗って次のホテルへ出発(約30分)。

15:00頃 2泊目のホテル「パークハイアット・ハダハア」へ到着。

着後、ホテルインスペクションとディナー。

●3日目

10:00頃 朝食後、またまたシュノーケルツアーへ。

12:00頃 ホテル出発。
    スピードボートに乗って(約40分)クードゥー空港へ。

01:00頃 国内線でマーレへ(約1時間)。

15:40頃 水上飛行機に乗換え(約40分)、次のホテルへ。

16:30頃 3泊目のホテル「アンサナ・ヴェラバル」到着。


●4日目

10:00頃 朝食後、ホテルインスペクションと、
    モルディブの生態系についてお勉強。

14:00頃 ホテル出発。水上飛行機でマーレへ(約40分)。

15:30頃 マーレ着後、スピードボートに乗換え(約30分)、
    次の視察ホテルへ。

16:00頃 「アンサナ・イフル」到着。
     着後、ホテルインスペクション。
     隣の島の「バンヤンツリー・ヴァビンファル」も視察。

19:30頃 最後の夕食


21:00頃 スピードボートでマーレへ(約30分)。

23:35発 キャセイパシフィック航空で香港へ。

08:00頃 香港着。乗換え、関空へ。
    関空行きフライト1時間遅れる・・・。
↓  
16:00頃 関空着。

    ぐったり・・・。

普通の人はこんなに移動することはないと思うけど、
モルディブって意外と広いのでした。

南北に、1,190の島からなるそうです。 

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM