意気消沈してあとにした今日の診察室



今日は、3か月検診の日。

視触診に、
ここのところ腰が痛いこと、
あれから生理は来ない旨を話す。

最近、5年ではなく、タモキシフェン10年服用説が出ていることについて、
再度聞いてみた。

主治医も悩んでいるみたい。

転移があれば、10年を薦めるけど、
私はリンパに転移はなし。

でも、3.6センチと、決して腫瘍が小さくなかったこと、
悪性度が一番高い核グレード3、
ki67が40%と高いこと、
で、やはり再発率が低い部類には入らないようで。

主治医的には、10年の方がいいんじゃないかな、との判断のようだ。

まあ、これは、5年たつ来年、また考えることにするけど、
あと6年も飲み続けなくてはならないのかもと思うと
ちょっとブルーである。


で、そういえば、と
先日採血した時の女性ホルモンの値を聞いてみた。

E2というエストラジオールの値は、10だと。

この意味は?と聞くと、

なんと、

実は、

ワタクシ、

もうすでに閉経していました…

こうやって数値で攻められると
むきになってまだ認めたくなくなる、衝撃の事実…。

時期によってこの値はかなりの増減があるようだけど
10は明らかに閉経後の数値らしいですね。

じゃあ、9月にあったあの生理はなんだったの〜〜??
最後の身体のあがきだったのか?!と
ショックから立ち直れていない時に、

「実は…」

と切り出す主治医。

「今月末で退職することになりまして。」と。

えっ

なんですと?!

別の病院へ行くわけでもなく退職します。
ちょっと別のことをしたいと思っていまして…と。

思えば、ストライクゾーンドンピシャのあまりものイケメンさに
年甲斐御もなくドキドキしながら
初めて診察を受けたのが、2011年9月。

あれから、実に4年3ヶ月ものお付き合い。

全てを分かってくれている先生の方が
何かとお話ししやすいのにな〜。

まあ、あまり積極的にお話しする先生ではなかったけど、
聞いてもらえるだけでも安心できた
穏やかな主治医やったと

マジで悲しいです…。


いつも、何事もなく淡々と終了する診察なのに、
ショッキングなニュースが3つもあった本日の診察。


イケメンO先生、
4年3か月もの間、本当にありがとうございました。
今後のご活躍を心より祈念しております!



旅行ブログブログランキング参加用リンク一覧

ライフスタイルブログブログランキング参加用リンク一覧

スポンサーサイト

Comments

尚美
2015/12/11 14:57
衝撃の事実だったね・・・せっかく喜んだのもつかの間。
ちょっと閉経ってずしっとなんだか重くのしかかる言葉。
でもね、でもね、健康一番。
ちゃんと次に私が続くから待ってて。
少しずつ不順になってるし、もうすぐですぞ(^^)

ろびん
2015/12/13 22:51
尚美、そう衝撃の事実。

まあ、遅かれ早かれ、そろそろ向き合わなくてはいけない
事実だったんだけど、やっぱりショック。

心なしか、乾燥もひどいし、
やっぱりそうなのか、って体で感じるよ(涙)

Leave a Reply