川床シーズンの貴船はえらい人やった

 

2週間ほど前になるけど、

母の誕生日祝いに

生まれて初めて

貴船の夏の風物詩と言われる

川床料理へ行ってきました。

 

台風の進路がかなり心配な日にちだったけど、

自慢の晴れ女パワーがここでも炸裂(笑)

 

簾からの穏やかな木漏れ日と

ムシムシの京都市内とはまるで別世界の

さわやかな陽気の中、美味しくお食事を楽しんできました。

 

貴船川の上の川床はこんな感じ。

 

 

メニューは、

定番の鮎の塩焼きの他、涼しげなそうめんやお造りなど、

一品一品が京都らしいお上品なコース。

 

 

決してお安くはないけど、

この雰囲気はやはりこの時期の、ここ貴船ならでは、ですね〜。

 

なんでも、貴船の川床の歴史は、大正時代にまでさかのぼるそう。

最初は、川に足をつけて涼を求めていたのが、

だんだんと今のスタイルに変化していったそう。

 

今みたいにクーラーなんぞなかった時代に、

うだるような京都の暑さを、

風流に楽しむための先人のアイデア。

 

素敵やな〜としみじみと味わいたかったものの、

しかし、この時期の貴船は、

そんな思いも打ち破られるほどのすごい人で。

 

川沿いの細い道路も大渋滞!

 

貴船神社の拝殿前もありえないくらいの行列!

 

泣く泣く、お参りはあきらめてきました…。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply