焼き鳥なのか?フレンチなのか?

 

芦屋の業平橋の近くにある

kamiya。

 

焼き鳥屋らしいのですが、フレンチ?

佇まいからは、焼き鳥屋とはまるで想像だにできない

カウンターだけのオッシャレ―&素敵なお店です。

 

きっと季節によってメニューは違うのだろうけど

春全開のランチメニューをいただいてきました。

 

前菜。

左は、ホタルイカとズワイガニと菜の花のムース仕立て。

真ん中は、中に新玉葱のアイスがはいっているシュークリーム。

右は初ガツオ。

 

ムネの炙り。

 

フォアグラ最中。

お菓子みたいにちゃんと袋に入っていて、

中はフォアグラとパイナップルジャム。

意表をつく組み合わせだけど、ほんまに絶品でした♪

 

せせりの麹焼き。

グリグリと自分ですった山椒をつけていただきます。

辺りは、フレッシュな山椒の香りに包まれます。

 

エンドウ豆のスープ。

ベーコン風味の泡泡と、中にはホタテが。

 

もも肉。ふきのとうの味噌と一緒に。

 

つくね。

 

絞めは、ラーメンか親子丼が選べるのだけども、

ラーメンをチョイス。

濃厚でありながら、後味すっきりのチキンスープがなんとも言えません。

 

デザートはヨーグルトムース。

 

これで3,500円。

 

ソムリエの資格も持つ、

目がくりくりっとしたとっても愛想のよいシェフの神谷さんの人柄も暖かく

心から、お味も、空間も楽しめたランチでした。

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

Comments

Leave a Reply