インド絶景旅 Day5 〜美しすぎる世界遺産 女王の階段井戸〜

  • 2018.12.24 Monday
  • 22:42

スーリヤ寺院観光後、

昼食を食べ(また肉メニューは一切ないグジャラートの食事w)

そこから車で約1時間、

パタンにある「女王の階段井戸(ラーニー・キ・ヴァーヴ )」へ。

 

数あるインドの階段井戸の中でも、最も美しいと言われていて、

2014年に世界遺産に登録されています。

11世紀建造、縦64m、横20m、深さ27mの巨大な井戸です。

 

この階段井戸は大きな道路から少し入ったところにあり、

近づくにつれ、片側一車線の道路はすごい渋滞!

当然のことながら車線など全くないに等しいインド。

文字通り向かう車と帰る車がごちゃ混ぜに乱れに乱れ、

進むに進めない。

と、突然、ガイドのアジャイさんが車から降りて、

交通整理を始めた!!

よく見るとあちこちに、にわか交通整理の人がいて、

もう絶対これ動かんで〜な無茶苦茶な車の入り乱れ具合の中、

なんとか無事駐車場まで行けたのでした。

 

スーリヤ寺院もそうだったけど、

ここも敷地内は綺麗な公園になっていて

広大な芝生ではインド人たちが語らっています。

 

いったいどこに井戸なんてあるんやろう?ときょろきょろしていると、

ガイドのアジャイさんが、

 

目をつぶって!

 

といきなり手をつないできました。

そのまま手を引かれながらトコトコ(ヨタヨタ?)歩き、

 

さあ、目を開けてごらん!

 

と、目を開けると、

 

ジャーン!!!

 

目の前に巨大な階段井戸がパックリ口を開けて現れました。

 

たくさんのインド人をかき分けながら、

階段をどんどん降りていきます。

 

地上がもうあんな上に。

 

 

向こう側の地上にいる人間があんなに小さく見えます。

 

ここも、壁面の彫刻が、めちゃくちゃ美しいのです。

 

 

 

 

 

柱も美しいー。

 

一番下まで降りてきました。

なんでもこの階段井戸は7層からなるそうです。

 

 

一番底辺から見上げる。

これでもかっ!!と隙間なく壁面を覆っているレリーフが本当に美しい。

しばらく泥土に埋もれていたため、きれいに彫刻が残っているそうです。

 

もう、すごい、という言葉しか出てこない。

 

 

青空とのコントラストも綺麗。そしてインド人もうじゃうじゃ(笑)。

(これくらい晴れていればホワイトランも綺麗に見れたのにな〜😢)

 

地上に戻り、反対側から見下ろす。

 

こちら側に井戸があるのだけど、

柵がなく、あまりにも高く、怖すぎて覗くことが出来ないので

携帯を持った手を伸ばし、恐る恐るパシャッと撮ってみます。

中は(下は)こんなんになっていました。

 

お猿さん、ハヌマンラング―ルもいました。

 

 

 

JUGEMテーマ:絶景

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

  • 2019.11.17 Sunday
  • 22:42
  • 0
    • -
    • -
    • -

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM