お尻がかわいい散歩道

  • 2020.04.17 Friday
  • 22:30

 

最近の楽しみといえば、

近所のお散歩か、読書か、映画を見るか、オンライン飲み会か(笑)。

 

テレワークって、

通勤もないし、

ランチを食べに外出することもないし、

やってみて初めて実感する運動不足の半端なさ。

 

東京の地下鉄の乗換えはびっくりするほど歩かされるので

それが結構な運動量になっているんだよね。

 

ということで、最近は、

引退した老人のごとく近所をぶらぶら歩いている。

 

幸いご近所は、緑豊かな散歩道が多く、

先日も「さくら通り」という、こんなピンクの歩道を見つけました。

残念ながら見つけた時はもう花は散っていたけど

桜のシーズンは、花も歩道もピンク祭りなんだろうね。

 

そしてそのピンク色の歩道にたたずむ少年。

なんなの、このお尻…。

かわいすぎます♡

 

思わずなでなでしたい誘惑にかられるが、

変態と思われそうなのでぐっと我慢。

 

でも、正面から見ると、顔はあんまり可愛くなかってん…。

 

なので、後姿のみ(笑)

 

 

 

今日の散歩

  • 2020.04.04 Saturday
  • 21:51

 

この週末も、家でおとなしくしている( ;∀;)

 

食糧調達のついでに、ちょっと近所をお散歩。

すると、思いがけず、素敵な公園を見つけました。

 

道路の中央分離帯?道路の真ん中部分が細長く公園になっていて、

しかも昔の駅舎のような木造の建物もあり、

昔、ここに鉄道でも走っていたのかと調べてみると

正式には「曳舟川親水公園」という名前がついていました。

 

川という川は見当たらないのだけど、

曳舟川とは、江戸時代に農業開発のために築いた「葛西用水」のことらしく、

曳舟川という名前は、舟に縄をかけて人や牛・馬が舟を引いた川であることが

その由来だそう。

しかも、3か所に分断されているものの、

亀有から四つ木まで南北延長約3キロメートルにわたる公園だと!

 

へぇ〜〜。

ということは、まだほんの一部しか歩いていないことになるのね。

いずれ制覇しなくては(笑)。

 

お天気もよいし、散歩にはうってつけの公園。

せせらぎには、ザリガニなども生息しているそう。

 

癒される風景ー。

 

桜も満開。

 

たわわに実っている(笑)桜の花。

 

 

 

 

 

上野公園の夜桜は暗かった

  • 2020.03.28 Saturday
  • 23:30

 

 

この週末は、小池知事の言うことをちゃんと聞いて、

おうちにおこもりするつもり。

だから、というわけでもないけど、

先日、会社帰りにちょこっと、

上野公園の夜桜見物へ行ってきました。

 

タイミング的にはバッチリの、見事なまでの満開!だったのだけど、

本来なら灯っているはずの提灯が真っ暗。

街灯の光だけだったので、

かなり暗く、ちょっと残念。

 

めちゃくちゃ人が少ないという感じでもなかったけど、

一緒に行った友人によると、やはり例年と比べびっくりするほど

人が少ない模様。

 

でも人が少ない故、皮肉にも小池知事の言っていた3つの密には当てはまらなく。

当然、屋外なので「換気の悪い密閉空間」でもなく、

人はまばらなので「人が密集する場所」でもなく、

「密接した近距離での会話」もあり得なく、

満員電車に比べれば、むしろ全然安全な空間なのでした(笑)。

 

 

 

 

民博で「驚異と怪異」展やってますよ 

  • 2019.09.14 Saturday
  • 21:34

 

久しぶりに、万博方面へ。

 

本数は少ないけど、三番街のバスターミナルから

万博記念公園駅までの直通バスが出ていて

今回はこちらに乗ってみました。

約40分で到着です。

 

本数が少ないのがいまいちだけど、

まあ、乗り換えなしで行けるので

時間があえば便利ですね。

 

今日は3連休+万博記念公園の入場料と民博の常設展の無料デーということもあって

結構な人で盛り上がっておりました。

 

久しぶりに太陽の塔に逢うー。

 

特別展「驚異と怪異 −想像界の生きものたち」は有料ですけどね。

 

世界中の、霊獣、幻獣、怪獣など、

摩訶不思議なクリーチャーたちがたくさん展示されていました。

 

世界中の、そして時間軸を超えた展示物たちは

それはそれはユニークで個性的なものばかり。

 

どんなに文化が違っても、時代が違っても、

想像力と創造力を駆使して、

それぞれに摩訶不思議な形を描き、そしてそれを精霊と崇めたり…、

といった行為的には同じ部分もあって。

 

なかなか興味深い特別展でした。

 

日本は、鹿児島の、やごろどん(弥五郎どん)の

すごく大きな下駄と刀の展示がありました。

 

まったく自覚はなかったけれど、すごく興味深く見ていたのかな?

警備のおじさんが寄ってきて、

この下駄の持ち主のやごろどんは常設展の方にいるから、

時間があれば見てみて!と教えてくれました。

 

その後、常設展の方へ行ってみると

いましたよ、

超巨大なやごろどんが!!

 

鹿児島県曽於市(そおし)観光協会のHPによると

毎年11月3日に「弥五郎どん祭り」が開催されるそう。

岩川八幡神社から、この巨大な人形が練り歩くそうで

高さは、4メートル85センチもあるそうです。

 

まだまだ世界には知らないことがいっぱいあるなー。

 

 

#民博 #国立民族学博物館 #驚異と怪異

 

 

ヨシダナギ写真展に行ってきた

  • 2019.08.23 Friday
  • 23:20

 

ヨシダナギ写真展「HEROES」。

 

世界中の少数民族をとり続けているヨシダナギさん。

被写体となっている人たちの個性豊かないでたちと、

きりりとした目力が醸し出すその人たちの威厳のようなものが   

以前から気になっていて

阪急百貨店で開催されていると知り

行ってきました。

 

入場料は500円(ペルソナカードやステーシアカードを提示すれば400円)、

全ての写真は撮影OKと、

なんとも良心的な写真展です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

地球上には、本当に様々な人たちがいるんだな〜。

そしてタイトル通り、皆、本当に格好いいの。

 

(そんなことは絶対ないけど)

もし私が被写体になったとして、

ここまでこれが自分だ!、

そして日本民族として、

自信に満ちた態度でカメラに収まることができるだろうか。

なんとなくボ〜ッと生きていたらあかんな、と思わされた写真展でした。

 

円頓寺七夕まつりは、はりぼてが楽しいよ

  • 2019.08.10 Saturday
  • 17:07

 

先週末は、名古屋へ。

 

ちょうど円頓寺商店街の七夕まつりが開催中で、

うだるような暑さの中、覗いてまいりました。

 

円頓寺(えんどうじ)商店街は、

名古屋で最も古い商店街の1つと言われ、

懐かしい感じのアーケードがある

昭和の風情が残るレトロな商店街。
近くには四家道(しけみち)と呼ばれる名古屋市街並み保存地区もあって、

京都の町屋のような古い建物がいっぱい残っています。

そしてそんな建物を使ったオシャレなレストランやバーが

点在していて、ぶらぶら歩くだけでも楽しい界隈です。

 

こんな路地裏にこんなお店が!!ってのがまた楽しいねんな〜。

そして実際、入ってみると美味しくてこれまた満足やったのでした。

(店の名前、忘れた…)

 

で、その七夕まつり、

店主たちが作ったはりぼてが有名だそうで。

 

チューしてるような角度から撮ってみました(笑)。

 

綺麗〜〜。

 

クイーンもいました(笑)。

 

トランプ大統領は、パンツ一丁。

 

あっ、チコちゃんもいる!

 

令和おじさんこと、菅官房長官もいらっしゃいました。

 

この七夕まつり、

今年でなんと64回目という、

ものすごい歴史のあるお祭りなのです。
 

このはりぼてもかなり歴史あるものだそうで、

地元の方たちによって守り継がれていく

こんな温かみのあるお祭りは、いいですね。

 

Welcome to神戸 超大型客船に初潜入

  • 2019.06.16 Sunday
  • 15:15

 

2019年4月にデビューしたばかりの超大型客船

「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」が

先週の6月9日に神戸に初入港。

ひょんなことから、インスペクションできる機会に恵まれ、

潜入してまいりました。

 

上海を出て、

前日の6月8日は大阪、翌日の6月10日には横浜に寄港、そして上海へ、

というルートのクルーズだそう。

(あまりもの大きさに、横浜のベイブリッジをくぐることができず

横浜は、大桟橋ではなく大黒埠頭に入港だそうです。)

 

船といえば、釜山へ行くビートルや、

小豆島や、隠岐、壱岐、五島列島に行った際のジェットフォイルやフェリーにしか

乗ったことがない私。

いわゆるクルーズ船というものに足を踏み入れるのは初めての経験で、

「めちゃくちゃ大きな船だよ」と事前に聞かされていたけど、

もう予想以上の大きさ!

ほんまにビックリするくらい大きくて、

全くもって写真におさまりません。

 

どこからどう見ても、マンションかホテルにしか見えませんねぇ💦

 

総トン数は、168,666トン!

(あのクイーン・エリザベスが90,000トンくらいらしいから、その2倍弱!!)

船主から船尾までは、347m!

16階建て!

客室数、2,137室!

乗組員だけでも、約1,500名!

 

もう何がなんだか良く分かりません(笑)

 

各階には、こんな案内板が。

これがないと、自分がどこにいるのか、

もう果てしなく迷子になりそうです。

 

エントランス近くのプロムナード。

豪華に見えるけど、この船、実は結構リーズナブルなのですよ。

(例えば、香港発着ベトナムショートクルーズ4泊5日で

バルコニー付きのお部屋で509ドル〜)

 

レストランは全部で17か所!

そのうちの一つ。

 

ロボットがカクテルを作ってくれるバー。

 

スイート等にお泊まりの方が利用できるレストラン。

眺めが最高ですね。

今日もお天気で良かった!

 

一日中、ぼ〜っと出来そうなスペース。

本を持ち込んで、ゆっくり読書とか、気持ちいいだろうな〜。

 

ガラスの天窓に囲まれ、室内プールもあるソラリウム。

 

毎晩ショーが繰り広げられるロイヤルシアター。

 

一番上には、プールや子供向けの遊び場が。

 

 

展望台によくある、ガラスの床が、ここにも。

 

スポーツ施設も充実していて、

これはなんていうのかいな、下から風が出て、スカイダイビングが疑似体験できるもの。

 

ロッククライミングも。

海面から約60mほどの高さになるそう。

怖いから私はごめんだけど、

青い海を見渡しながら登るのって、きっと気持ちいいんでしょうね。

 

上海や香港をベースにしている船だけあって

一部のロックがパンダになっていたり、

こんな置物も。

 

もはや一つの街💦

 

インスペクション終了後、歩数計は約9,000歩になっていました…。

 

 

 

PR

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

recommend

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM